INDEX

芸術学部 美術学科

情報デザイン専攻

目にみえない「情報」を
目にみえる「かたち」にする


目には見えない「情報」に、目に見える「かたち」を与えることが、情報デザインの役割と言えます。日常の中に新しい課題を発見し、人とものの関係や人と人の関係を考えながら、「分かりやすさ」や「使いやすさ」のためのかたちを考え、デザインの力で課題を解決することに挑戦していきます。この試みは、グラフィックやプロダクトなどさまざまな分野に分断してしまったデザインの専門性を横断し、統合することで、人間の生活そのものをもっと豊かで幸せにしていくための新しい取り組みであるとも言えます。授業では、実際にいろいろな道具の使い方の観察からデザインの課題を見つけ出したり、大学の外に出てフィールドワークをする中から新しい問題を自分なりに掘り起こしたりして、デザイン提案に結びつけます。新しいものに積極的に取り組みたいみなさん、頭だけでなく身体も使ってデザインにぶつかっていきたいみなさんを歓迎します。

<!--$alt-->

教員からのメッセージ
教員:鳥宮尚道 専門分野:情報デザイン


日常の生活の中で感じる疑問や問題、または多くの人に経験してもらいたい価値を発見していくことからデザインが始まります。一緒にデザインにできることを考え、かたちを与え、人の心を動かす提案していきましょう!

カリキュラム

<!--$alt-->