INDEX

芸術学部 美術学科

写真・映像・メディアアート専攻

創作の原動力は
旺盛な好奇心から


メディアアートコースの特徴は、映像表現を多角的に捉え、より専門的に学ぶことにあります。とりわけ写真の授業では、暗室でのワークフローを通し銀塩写真を深く理解し、デジタル写真においては撮影から出力、展示に至るまでの行程をスタジオ実習と共に体験していきます。また映像(動画像)の授業では実写によるショートムービー、アニメーション、ミュージックPVなどを制作し、更に映像と深く関わる「音響」に特化した専門科目「サウンドデザイン」を設け、3年時後期までに必要な技術を一通り身につけます。これらをベースに4年時には各自培った技術や表現に更に磨きをかけ、卒業制作へと向かいます。自身の適性がアーティストに向かうものか、職業人としてのキャリアを積むものか、どちらの方向へも向かえるよう柔軟なカリキュラムがひかれています。

<!--$alt-->

教員からのメッセージ
教員:小町谷圭 専門分野:写真映像分野


流行に左右されることなく、何を自分の武器(ツール)とし、どう表現していくか。メディアアートコースでは、写真や映像の可能性に興味があり、独自の発想力と企画力・実行力を試したい人を求めています。

カリキュラム

<!--$alt-->