INDEX

特徴・取得資格

創造力をかき立てる -美術学科の特色-

コース系統図

<!--$alt-->

基礎造形力の養成を核とした幅広い教育内容

<!--$alt-->

基礎を踏まえた表現には説得力があります。画家、造形作家、デザイナー、どんな道に進むにせよ学生時代に積み上げた基礎力がベースとなり、応用や実践が展開されていきます。美術学科は、実技と理論の2本立てで、この基礎力・応用力を養っていきます。その過程で、更に自身の適性を見極め、より高度な次元へ進みながら、独自のオリジナリティーや世界観を追究していきます。

個々の進度に応じた実技指導

<!--$alt-->

実技の授業では、個々の適性と進度に応じ、教員が丁寧にサポートしていきます。制作経験の少ない学生には初歩からはじめ、ある程度実力がつく頃には、更なる課題を与え、より高い目標へと向かいます。特に実技系科目においては、複数の教員がさまざまな視点からアドバイスをするといった、オムニバス形式の授業も組み込まれ、より柔軟な体制で学生の創作活動を支えていきます。

音楽学科との共同科目

<!--$alt-->

学部共通専門科目として、「芸術文化論Ⅰ・Ⅱ」「共同制作演習A(舞台)・B(映像)」などの科目を開講します。特に共同制作演習は、美術学科の学生と音楽学科の学生が共同してひとつの作品を完成させる経験ができる、芸術学部ならではの特色ある科目です。

充実した制作環境

<!--$alt-->

美術を学ぶうえで、創作意欲を高める環境はとても大切です。本学には、それぞれの授業に応じたスペース、機材を備えた環境が整っています。例として、絵画コースは複数のアトリエ、和室の日本画室、版種によって使い分けるふたつの版画室があり、立体コースには素材別に展開ができる複数の立体造形室があります。メディアアートコースには写真暗室とスタジオ、動画編集を行う編集室があります。メディアデザインコースはデザインの授業をさまざまに展開できるデザイン室を複数備え、多様な授業に対応します。

産学官連携・地域貢献活動と積極的な展覧会活動

ひがしく交流まつりでの協力など、これまでの実績としてあげられる学外地域・行政との連携を継承します。
外部の企業・団体との連携活動は、企画力やプレゼンテーション能力が身につく貴重な機会です。
​また、学生たち自身が企画する個展やグループ展などの展覧会活動も活発であることが本学の特長です。
絵を描くこと、ものを作ることが好きなひと、自分の個性を発信したいとき、志の同じ仲間が集まる魅力的な環境がここにあります。

取得可能な学位・免許

  • 学士(美術)
  • 高等学校教諭1種免許状(美術)
  • 中学校教諭1種免許状(美術)