INDEX

教育目標・3ポリシー

保育科

教育目標

保育科は、本学学則第1条第2項に定める目的を達成するため、以下を教育目標としています。

  1. 心の豊かさを大切にして全ての子どもに対して分け隔てなく接することのできる保育者を養成する。
  2. 子どもの個性を尊重し、自発性を引き出すことのできる保育者を養成する。
  3. 子どもの健康や安全を守るための知識と実践力を持ち、臨機応変に対応できる保育者を養成する。
  4. 子どもがのびのびと発想し表現を楽しめるように、様々な表現活動の技能や感覚を備えた保育者を養成する。
  5. 保育者としての社会的使命と責任を自覚し、子どもと家族の多様な育ちに共感し支えることのできる保育者を養成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

1.質の高い保育実践のため、自ら進んで得意分野を身につけ、技能向上に向けて努力できます。(自律性)
2.広い視野を持ち、保育者としての役割を理解しつつ地域社会に貢献することができます。(課題発見・社会貢献性)
3.子どもの個性や自主性を重んじ、思いやりを持って接することができます。また、他者と協力して課題解決に当たることができます。(協調性)
4.コミュニケーション能力や課題解決能力など、卒業後の社会で求められる汎用的なスキルを身につけ、ニーズに応じて活用することができます。(基礎的汎用的スキル)
5.幅広い教養と保育に関する専門的知識、技能および表現力を修得し、実社会のニーズに応じて活用することができます。(知識活用)

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成および実施に関する方針)

(教育内容・方法)
1.一般教育科目については、まず「仏教と保育」を通じて、命を尊重し、他者との出会いによって学びを深めることの意義について認識するとともに、短大2年間の学修の基礎を修得します。
2.「日本語コミュニケーション演習(口語表現・文書表現)」、「英語(口語表現・文書表現)」、「社会人基礎」、「情報処理」などの科目を通じて、短大での学びに必要な学力や社会人として求められる基礎教養を身につけます。
3.「保育原理」、「教育原理」、「保育者論」、「保育課程論」、「保育内容総論」などの科目を通じて、保育の理念および背景にある思想や歴史についての理解を深めます。
4.「保育の心理学」、「乳児保育」、「障害児保育(理論・実践)」、「子どもの保健」、「子どもの食と栄養」、「保育内容(健康・人間関係・環境・言葉)」、「臨床心理学」などの科目を通じて、乳幼児の心や身体の発達を支えるために必要な保育の専門知識を修得します。
5.「社会福祉」、「児童家庭福祉」、「社会的養護」、「家庭支援論」など、子育て支援や社会福祉に関する科目を通じて、保育および子育てに関連する社会的課題について理解を深めます。
6.実習に関する科目や、「保育技術演習」、「保育・教職実践演習(幼)」などの科目を通じて、保育の場に直接関わり、子どもとのふれあいをとおして実践に即した保育観を築きます。
7.音楽・美術・言葉・身体による表現を総合的に学ぶ科目を通じて、保育実践における技術や感覚の向上を図ります。
8.「特別研究」および「野外研究」などの科目を通じて各自の得意分野を磨くとともに、子どもが育つ環境の今日的な課題に目を向け、自然から学び、 自分で遊びを工夫することの大切さについての理解を深めます。
9.各学年に複数の担任を配置し、学生と教員のコミュニケーションを重視し、授業および授業外において、学生の修学のための支援を行います。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

1.  高等学校の幅広い学習内容を習得し、保育科において学修を継続することに強い意欲を持っていること。
2.保育や子育てに関連する社会の問題に深い関心を持ち、保育に関する専門知識をもって社会に貢献しようという目的意識を持っていること。
3.多様な文化・価値観を受け入れ、他者を尊重し、共に支えあう子育て社会について積極的に考えられること。
4.高等学校の教育課程における国語総合(現代文)において一定レベルの基礎知識を有していること。
5.社会、生物、英語において一定レベルの基礎知識を有していること。
6.日本語による基本的な文章を作成するスキルを有していること。
7.歌唱、絵画、器楽などによる、自己表現のスキルを有していること。