INDEX

学科長挨拶

音楽の喜びを共有できる音楽人に

みなさんは、将来、どのように音楽を実践していこうと考えていますか? プロの演奏家としての道、指導者になる道、別の仕事をしながら音楽を続ける道、音楽を通して医療にたずさわる道。どの道を選んだとしても、北海道唯一の音楽学科である札幌大谷には、演奏・創作・研究の3分野を網羅したコースと専門家、そしてカリキュラムが整っています。個人実技だけでなく室内楽や合奏・合唱を通して、今まで自分が知らなかった音楽の広がりを体験できます。また、さまざまな講義を通して、音楽の多様性や意義を新たに発見することもできます。
大学生活で大切なことは、自分が音楽を学ぶ理由は何なのか、これからどのように音楽と関わっていきたいのか、いろいろな経験をしながらその答えを探しつづけることです。学生が自分の目標を見つけ、その実現に向けて進んでいけるように、札幌大谷は少人数教育の強みを生かして、学生一人ひとりにきめ細かなサポートを行っています。
音楽には、様々な人々とのコミュニケーションを創り出す力があります。音楽を初めて聞く子どもから毎日懸命に働く人々、様々な障害を抱えた人々や高齢者の方々まで、現代社会が音楽と音楽家に求める期待や要望、役割はますます増大しています。札幌大谷は、音楽を通して地域社会の様々な要望に応え、地域社会の発展に貢献できる人材育成を目標に掲げています。みなさん、札幌大谷・音楽学科での学びを通して、音楽のよろこびを皆と共有できる音楽人をめざしませんか。

芸術学部音楽学科 教授 千葉 潤

<!--$alt-->