INDEX

教育目標・3ポリシー

教育目標

芸術学部音楽学科は、本学学則第1条第2項第1号に定める目的を達成するため、以下を教育目標としています。
 

  1. 西洋音楽に関わる演奏・創作・教育・研究等の各領域において北海道ひいては我が国の音楽文化の発展に貢献する人材を育成する。
  2. 各領域の技能教育のみならず、専門教養教育を重視し、音楽文化の普遍的価値に対する深い造詣をもち、また、音楽の社会的役割を理解できる音楽家、教育者、研究者等を育成する。

3ポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

1.主体的に生きがいや課題を見出し、将来的な目標に向けて、持続的に自己研鑽を積み重ねていくことができます。(自律性)
2.音楽を通じて自己を表現しながら、さまざまな人々と感性的交流の場を創出し、音楽の力によって社会における課題解決に取り組むことができます。(課題発見・社会貢献性)
3.音楽による相互交流をとおして、個性を発揮しながら、他者の個性も理解し尊重する姿勢をもち、共に努力することができます。(協調性)
4.コミュニケーション能力や課題解決能力など、卒業後の社会で求められる汎用的なスキルを身につけ、ニーズに応じて活用することができます。(基礎的汎用的スキル)
5.正統的な演奏技法および専門知識の修得に加え、音楽の実践や研究によって培われた豊かな感性を、現実社会のニーズに応じて活用することができます。(知識活用)

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成および実施に関する方針)

(教育内容)
1.一般教育科目については、まず大学共通科目「建学の精神と大谷学」を通じて、命を尊重し、他者との出会いによって学びを深めることの意義について認識するとともに、大学4年間の学修の基礎を修得します。
2.芸術学部共通一般教育科目では、情報処理科目、表現科目、社会人基礎科目、心理・福祉科目、外国語科目などを通じて、大学での学びに必要な基礎学力の定着を図ります。
3.1、2年次は、音楽の基礎教養と基礎能力の定着を図ることをねらいとします。1年次の「音楽概論」、「合唱」、「和声法」、「ソルフェージュ」などの必修科目では、音楽の基礎的知識と技能を修得します。音楽と美術の共通科目「芸術文化論」では、芸術文化全般の幅広い見識を養います。2年次は「音楽史」や「民族音楽」などをとおして歴史・社会・文化的文脈の中で音楽を捉え、「室内楽基礎」や「指揮法」などで演奏表現の幅を広げます。
4.3年次では、基礎能力の充実と応用を図ることをねらいとします。音楽・美術における「共同制作演習A(舞台)」、「共同制作演習B(映像)」では、1、2年次に養われた創作・演奏などの基礎的技能や、音楽や芸術に関する知識・教養を活かし、総合芸術への共同的な取り組みから芸術的表現力や感性を豊かなものとします。選択科目では「鍵盤音楽史」、「オペラ史」、「管弦楽史」、「リート研究」、「管弦楽法」などの専門性の高い授業や「海外研修」などにより芸術的教養を深めることで、専門的技能と経験をより広い芸術的文脈で理解させ、演奏家、研究者、教育家などの自己像を形成します。
5.4年次は、「卒業研究」において4年間の学修成果を統合し、自律した自己像を確立し、社会に向けて自己を発信する実践力を養います。

(教育方法)
6.各学年に複数の担任を配置し、学生と教員のコミュニケーションを重視し、授業および授業外において、学生の修学のための支援を行います。
7.正統的な演奏技術の教授を実現するため、「実技演奏法」を基盤として、個人レッスンまたは少人数制の実技教育を行います。
8.学生の演奏技術の進度や資質に応じた課題を設定します。
9.授業以外の活動として、定期演奏会やその他の各種演奏会、インターンシップやボランティア活動などに参加する機会を通じて、大学での学修内容と実社会とのつながりを認識できる機会を提供します。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

1.高等学校の幅広い学習内容を習得し、音楽学科において学修を継続することに強い意欲を持っていること。
2.社会に目を向ける広い視野を有し、音楽をとおして社会に貢献しようという目的意識を持っていること。
3.多様な文化・価値観を受け入れる柔軟な精神を有していること。
4.高等学校で履修した教科科目のうち国語総合(現代文)において本学での履修に必要な学力を有しており、音楽に関する知識・教養、または、一定レベルの演奏技術を有していること。