おおたにの学び 芸術学部 美術学科

造形表現領域 - 油彩専攻
豊かな技術を身につけ、オリジナリティー溢れる作品を創る。

1・2年次では対象物を観察しながら、基本となる洞察力や表現力を磨きます。また空間を意識し画面全体を把握する力も鍛えます。使う画材の特性を学び、その魅力を引き出す力も重要です。3年次以降はそれまでに習得した事を生かし、個々の人間性に直結するような「表現」を探求していきましょう。一人の表現者として歩み続けていけるように自分の中にそれぞれの柱を育ててください。

実習の様子

4年生では自分のテーマに合う技法や表現方法を研究し、将来につながる深い専門性を養っていきます。

実習後の報告会

1年生~3年生までは、課題が終わる毎に講評会が行われます。他人の作品の中に並んだ自分の作品は、思っていたものと違って見える事があります。講評会を通し、自分の作品を客観的に分析する力を身につけましょう。

造形表現領域 - 日本画専攻
伝統の技法と心を学び、新しい表現世界を創造する。

日本画専攻では4年間を通して写生やさまざまな技法を学びます。技術の習得も大切ですが、ただそこにあるものを描写するのではなく、描くということは草花や動物、景色などに宿っている“生命”を写し取るのだということを、心に刻んで欲しいと考えます。日本画という伝統的な日本の絵画を学びながら、新しい世界を目指す創造力に期待しています。

実習の様子

絹を支持体とした絹本作品も描きます。

鴨踊る夜

「鴨踊る夜」(制作:橘つづり)

造形表現領域 - 版画専攻
多様な版種と技法に触れ、創作の可能性を広げる。

制作の過程では、できあがりが見えないことが版画の難しさであり、おもしろさでもあります。何度も試し刷りをするなかで発見を繰り返し、ときには、自分の予想を超えた世界の完成に喜びや驚きを感じたりするのです。版画専攻では版種ごとに、幅広く活躍している教員から多彩な刺激を受け、技法を学ぶことで、自由な表現を作品に反映できるようサポートしていきます。作品づくりを通して自己を発見し、深めていく充実した時間を過ごしてください。

銅版画刷り

銅版画刷り

ひととせ

シルクスクリーン作品(ひととせ 制作:越坂真由)

造形表現領域 - 立体専攻
新しい造形思考を羽ばたかせ、自己表現を追求する。

無から形をつくり、生命を与え、思いを託す。そこに至る道程は地道な手作業の繰り返しです。そして、さまざまな機械や道具を使い、大きなもの、重たいものを扱う立体制作では仲間と協力し合い、思いやる心も不可欠です。最後まで投げ出さないこと、人間関係を築くための基本を身につけることなど、社会に出てからも求められる素養をまず第一に身につけてほしいと思います。そのうえで表現に必要な技術を学び、立体表現、自己表現の可能性を追求していきましょう。

鉄を溶断、溶接しての作品制作

鉄を溶断、溶接しての作品制作

木彫作品制作

チェーンソーやノミを使っての木彫作品制作

メディア表現領域 - 写真・映像・メディアアート専攻
旺盛な好奇心を原動力に、映像表現の可能性を探る。

美術やデザインの基礎に立脚しながら、さらに写真や映像、コンピュータなどの新しい表現メディアを活用し、既存の美術という枠にとらわれない新たな表現の可能性を考えます。高い感性と技術力を両輪とした革新的な芸術表現によって社会に向けた新たなヴィジョンを描くことのできるアーティストやクリエーターの養成を目指します。映像メディアを用いた表現を修得したい学生はもとより、マンガやアニメ、ゲーム等のストーリードリブンな時間表現や音楽、身体表現など、それぞれの専門をよりメディアを活用し新たな芸術表現をめざそうとする学生、または情報学や工学の分野でユニークなプロジェクト実践をめざし自らの表現の幅を広げたい学生、また報道や地域社会に興味を持ち、それらを芸術的なアイデアで実践し、新しい文化の創出に貢献したいと考える人々も歓迎します。

実習の様子

専門的な映像機器の使い方を学ぶ

実習後の報告会

電子工作やプログラミングも学びます。

メディア表現領域 - グラフィックデザイン専攻
発想の土台を築きあげ、デザインの技術を磨く。

グラフィックデザイン専攻では専門的なアプリケーションの知識だけではなく、クライアントに対し、何を提案したらいいのか考える力を大切にしています。課題はすべて成長のための場です。「もう思い浮かばない」というところまでイメージを広げ、その限界を超えたところに思いがけないアイデアを発見する喜びを体験してほしいと思います。繰り返しながら、回り道をしながら、発想するための土台をつくり、勉強したことを自分の仕事にしてほしいと考えています。

実習の様子

デザインにおいて大切なことのひとつにチームワークがあります。それぞれの分担を元にひとつの作品を作り上げ、プレゼンテーションを行います。

実習後の報告会

ノートPCは必須アイテム。様々なシチュエーションで利用します。

メディア表現領域 - 情報デザイン専攻
目に見えない「情報」を、目に見える「カタチ」にする。

私たちは公共の場でも家庭の中でも、身の回りの環境にある数多くの情報を頼りに生活しています。その情報が正しく伝わらなければ、間違ったり迷ったり、行動するのが不安になってしまったりします。では正しく伝えるためにはどうすればよいのか、課題を発見するにはどうしたらよいのか、日ごろ何気なく行っていることをもっと魅力的にするにはどうすればよいのか、情報デザイン専攻ではデザイン力を実践的に養います。

電子教科書

電子教科書。各自のテーマでipad上でタッチ操作可能なコンテンツの制作。

特殊紙

多くの特殊紙を集め触ったときに連想したものを聞き、イメージした食材や味、料理を描き該当の特殊紙に印刷。