おおたにの学び 芸術学部 音楽学科

ピアノコース
音楽を深く学び、演奏力を高めるさまざまなチャンスがある大学です。

高校受験のために、小学1年生からはじめたピアノから1年間離れたとき、弾き続けたいという気持ちの強さに気がつき、音楽の道を選びました。谷本聡子先生の個人レッスンでは、作曲家の意図を考えながら、先生と一緒に音楽を創っていく楽しさを感じています。好きな授業は「伴奏法」。ソリストを引き立たせるためのテクニックを身につけることで、ソロ演奏の表現力向上にもつながります。札幌大谷は、定期演奏会のソリストのオーディションや公開レッスンなど、自分を磨くさまざまな機会があります。また、国内外で活躍されている先生方の指導も受けられます。たくさんの音楽に触れられる札幌大谷で、一緒に学んでいきましょう。

ピアノコース 
3年
千葉 悠也 
Yuya Chiba
札幌稲雲高等学校出身
声楽コース
美術学科との共同制作演習でオペラの舞台を経験できました。

音楽を深く広く学べるのが札幌大谷の魅力。特に、「共同制作演習」でオペラ「フィガロの結婚」を上演したことは素晴らしい経験でした。普段は異なる分野を学んでいる美術学科の方たちと一緒に創りあげたこと、学生のうちにオペラの舞台でアリアを歌えたことは、とても勉強になったし楽しかったです。今、一生懸命取り組んでいるのは個人レッスン。演奏クラスの試験に通り、3年次からは個人レッスンの時間が長くなりました。演奏クラスの学生による音の輪コンサートに向けての練習も頑張っています。札幌大谷は、本気で取り組む学生には、全力で指導してくださる先生と充実した環境が用意されている音大だと思います。

声楽コース 4年(演奏クラス在籍)
清水 一智子 
Ichiko Shimizu
札幌国際情報高等学校出身
管弦打楽コース
音楽を専門的に学び、努力を続け、プロのプレーヤーを目指します。

スライドを動かして音の高さをコントロールするトロンボーンは、繊細な表現ができる魅力的な楽器。小学4年生のときにマーチングバンドに入ったことがきっかけで、トロンボーンの演奏を仕事にすることが目標になりました。高校時代から個人レッスンは受けていましたが、音大で専門的に学ぶことは、より高いレベルを目指す姿勢が求められるということ。先生方からは「今までと同じことをしていては成長できない」と、厳しいけれどあたたかい指導を受ける毎日です。卒業後はよりステップアップできるように、オーケストラでの演奏、大学院進学、留学を目指しています。そのためにも自分に負けず、努力していきたいです。
※演奏クラス:学内オーディションで選抜し、高い演奏技術を持つ学生が在籍するクラス

管弦打楽コース 
4年(演奏クラス在籍)
代田 将也 
Masaya Shirota
北海高等学校出身
音楽指導コース
将来は、音楽の楽しさを生徒たちに伝えたいです。

音楽をより深く学びながら、教員資格も取得したいと考えて札幌大谷に入学。今は、小太鼓とティンパニーを中心にレッスンを受けながら、マルチパーカッションやピアノ、声楽、スコアリーディングなど教えるために必要なことを幅広く学んでいます。将来は、音楽の根本的な素晴らしさを伝えられる中学の音楽教師になって、生徒たちが楽しめる授業をし、吹奏楽部の顧問として活躍するのが目標です。

音楽指導コース 
器楽合奏系 4年
河合 翼
Tsubasa Kawai
北見柏陽高等学校出身
音楽指導コース
夢はピアノか音楽の先生。子どもに教える実習が楽しみです。

札幌大谷は希望の進路や一人ひとりのレベルに合わせて、丁寧に指導をしてもらえるところが魅力。私は聴音が苦手だったのですが、ソルフェージュの授業を受けるうちに、成長している自分に気がつき、うれしかったです。楽しみなのは、初めてピアノを習う子どもに1対1でレッスンを行う4年次の指導実習。ピアノか音楽の先生になる夢を叶えるために、頑張っていきたいです。

音楽指導コース 
実技指導系 2年
長谷川 彩音
Ayane Hasegawa
岩内高等学校出身
作曲コース
個性を大切にしてくださるから、新しいことに挑戦できます。

中学時代に吹奏楽用の曲を書いたことで作曲の楽しさを知りました。小山先生のレッスンは、一人ひとりの自主性と創造性、個性を受け止め伸ばしてくださるので、実験的な曲にチャレンジしたりなど、のびのびと創作することができます。先日、札幌市民芸術祭新人音楽会作曲部門で奨励賞を受賞しました。
※演奏クラス:学内オーディションで選抜し、高い演奏技術を持つ学生が在籍するクラス

作曲コース 
作曲系 4年(演奏クラス在籍)
鈴木 雅史 
Masafumi Suzuki
羽幌高等学校出身
作曲コース
他の楽器を専攻する仲間との交流が作曲や編曲の力になります。

作曲コースではオーケストラ曲を電子オルガン用に編曲したり、コンピュータを使った作曲をしたり、幅広く取り組むことができます。作曲や編曲にはさまざまな楽器の音域やタッチを知ることが必要ですが、札幌大谷ではピアノや管弦打楽などの学生と交流する機会も多いので勉強になります。将来は作曲をメインに編曲や演奏活動をすることが夢。その実現のために多くの曲を聴き、演奏することを重ねていきます。

作曲コース 
電子オルガン系 3年
藤田 真菜美 
Manami Fujita
札幌大谷高等学校出身
音楽療法コース
音楽の力で人を癒やし、力になれる音楽療法士を目指しています。

合同大学説明会で、音楽療法は音楽の力で人を助けるだけでなく、そのまわりの人の力にもなれること、自分の糧として積み重ねていけることを知り、学んでみたいと思いました。今は「音楽療法技能」などの授業で、現場で生かせる知識や技術を多く学び、幼稚園や高齢者施設での実習でその知識を実践しています。大切にしているのは現場での経験。授業で学んだことが実感を持って理解できますし、対象者の方や季節に合わせて進行や曲を決めることはとても勉強になります。札幌大谷は先生や先輩たちとの距離も近く、普段の会話からも学ぶことがとても多いです。将来は、音楽療法士として高齢者の方々と関わっていきたいと思っています。

音楽療法コース
 4年
箱木 美保子
Mihoko Hakogi
千歳高等学校出身