おおたにの学び 社会学部 地域社会学科

社会学のものの見方・考え方をベースに、問題を発見・解決する力を育む。 4年間で身につける力 
地域社会学科の6つの特長


「実践力」を鍛える、特色あるカリキュラム 「実践力」を鍛える、特色あるカリキュラム

社会人に求められる実践的な力を養う

地域社会学科が目指すのは、仕事をとおして社会に貢献できる人材を育成すること。地域を知り、社会を理解するために必要な知識や社会で役に立つ実践的な経験を、講義やゼミ、フィールドワーク、インターンシップなどをとおして、4年間で段階的に身につけていきます。

地域社会学科 3年
中田 典子
Noriko Nakata
札幌東商業高等学校出身
将来の夢に役立つ知識をいろいろな授業から学べます。

日本語と英語でのコミュニケーション力を育成 日本語と英語でのコミュニケーション力を育成

意思を言葉にする力を養う

社会で活躍するために必要な実用日本語力と英語を身につけられるカリキュラムを展開しています。1・2年次にかけて、個人それぞれの習熟度に合わせてじっくり学んでいくことで、コミュニケーションやプレゼンテーションの能力が磨かれます。

地域社会学科 2年
片山 穂香
Honoka Katayama
旭川北高等学校出身
Speaking中心の授業で英語が好きになりました。

主張する力をつける、少人数のゼミナール 主張する力をつける、少人数のゼミナール

積極性とリーダーシップを養う

1人の担任に対して学生10人程度の少人数制ゼミナールで、一人ひとりの勉強や大学生活をサポート。少人数制の授業は全員が主役です。積極的に授業に参加すること、3~4年次の専門演習Ⅰ・Ⅱをとおして、自らテーマを見つけ取り組むことで、主体的に学ぶ姿勢が養われます。

地域社会学科 4年
高井 勇輔
Yusuke Takai
恵庭北高等学校出身
ゼミでの卒業論文作成が学びの総仕上げになります。

社会調査関連科目とフィールドワーク 社会調査関連科目とフィールドワーク

社会に参加する意識を養う

大学の外に出て社会調査を行ったり、普段は接する機会のない世代や職業の人たちとコミュニケーションをとったり、多くの人と出会い、人前で話す経験を積み重ねたりすることで、将来、社会に出たときに自立をしていくための土台づくりをします。

地域社会学科 3年
中村 海
Kai Nakamura
札幌白石高等学校出身
学外での経験をとおして目指す世界が広がりました。

充実のインターンシップで職業体験 充実のインターンシップで職業体験

自分の適性を見極める

希望する職業や業界が、必ずしも自分の適性に合っているとは限りません。大学在学中に実際の職場を体験し、自分の適性を見極めることも大切。本学科では多彩な業種の受け入れ先と提携。希望者全員がインターンシップに参加できるよう体制が整えられています。

地域社会学科 4年
髙橋 大樹
Daiki Takahashi
札幌大谷高等学校出身
社会で必要なマナーや仕事への姿勢を学びました。

4年間の経験を未来へつなぐ 4年間の経験を未来へつなぐ

自信を持って面接に臨む

授業やゼミで繰り返されるプレゼンテーションやグループディスカッション。それらの学習経験をとおして、人前で自分の意見を伝えたり、グループディスカッションのまとめ役を務めたりすること、あるいは就職活動の面接などで、役に立つ力が自然に身につきます。

地域社会学 
2017年卒業
加藤 彩夏
Ayaka Kato
札幌平岸高等学校出身
〈内定先企業〉
株式会社北海道銀行
身につけたプレゼン力が就活の味方になりました。